ホーム >>手動機械式時計の運用の注意事項:
手動機械式時計の運用の注意事項:

機械表運用ZB2-2D単暦全金メタルの機械ムーブメントスーパーコピー時計、全ステンレス鋼の表面資料時に良質表規範精度国、使用の際はご注意ください以下事変。
1、24時間ごとに一回いっぱいバネを確保するために、必要な十分反省し日エネルギー。ねじを巻く時12時を上に向けて持つ表、時計偏向を逆転表至上満バネ。留意に満バネ後二度と力みをねじり表に捩じ切る上条柄軸やバネ。


2、疾速に調停カレンダー必要を抜いて表は、針を狙う時12時逆時計偏向を3~4時間、時計回りに偏向遅らせる12時、つまり一日早く調カレンダー。引き抜き表をスクロールさせる時、針時計偏向逆転2界も、カレンダー顺を跳ぶ日。


3、バンドは長さ調停。調停が小幅に挪動扣针地位を大幅に調停必要に着脱バンド軸。


4、使用時できるだけ不戦水、蒸気、高温及び腐食性ガスにはムーブメントと表面に不用要な損傷。また防止の激しい揺るがして、強磁場状況を離れて。


5、後は自分をなかればまっすぐ行くまたは慢走、至急連絡と販売http://www.yoshida777.com/



前ページ: 腕時計Guilloche模様、さらに論理

次ページ: カルティエコピー機械時計が止まった