ホーム >>中国の第1匹の自家製時計誕生記
中国の第1匹の自家製時計誕生記

1955年3月24日、中国初の時計に天津で生まれ、終わった中国は修理でき造腕時計の歴史、中国時計工業のスタートと発展の基礎を打ち立てました。昨日は「国表」誕生60週年記念日、本紙記者が取材した元天津時計メーカーの2位老エンジニアを「国表」の物語。


元天津時計工場総技師、79歳のジョムダ生思い出、1955年1月の一日、天津公私合弁ワーウィック時計工場の仕事の間に、4名の天津労働者用小小フライス盤、旋盤、ベンチドリルと砥石機製造百個の部品を組み立てて、新しい時計。文字盤にちりばめたので1大4小5星、この時計と命名され「五星」ブランド時計。この時計は正式の開発に成功する時間はその年3月24日午後5時45分、江正银、孙文俊、王慈民、张书文4位の創業者の名前としても、この時間に書かれた中国の軽工業の発展史。1966年9月から、工事の技術者が自ら設計した新型の機械式時計研究開発に成功し、命名して「東風」ブランド時計。1973年を経て、当時の国務院副総理李先念の承認は、「東風」表は「かもめ」商標国際市場に進入し、中国の第1匹の輸出の腕時計。



前ページ: Motoまず知能デザインの腕時計、円盤

次ページ: ウブロ手を携えて独立イタリア発表の最新の腕時計