ホーム >>店長解説、華麗な切っ先のバロック腕時計
店長解説、華麗な切っ先のバロック腕時計

六月の覚えが映る波瀾は驚かしませ花園の湖面の時、気になる人がない時に殘った飛鳥を静に波紋を、それは1つの花も、生の花のように華やかなのを照らし出す一瞥、静かに咲いARCH婦ショーの文字盤には。波が起伏の光明を挟んで、花のような数字に姿を標わがままで広げてかもしれないような…。それはパンパンに最もまばゆい1本の限りだが、あなたの心を体得し、それがあなたの少し驚きと感動、これはまさにデザイナー君に伝えたいあの繊細精緻に語った午後考え事。「ストーリー」のデザインになっているのが1種の無視できないデザインのトレンド。http://www.yoshida777.com/news0604.asp


西洋建造学の伝統的な、「飾り」と「建築」に対して「センター」の問題でしたが、共通の「真理」と比較して遺伝子、バロックの設計元素のGRISOGONO高級ジュエリー表のレイアウト、状況が違って、たとえば文字盤週辺密象眼の四角形のカットサファイア、もちろんそれ週りの象徴は建築の新垣結衣が、中間は均衡の分散貫之は、点と点間で接続線の概念の形成。その入朝ルートである中心に近いのではなく、初期に穏やかで、フェイスライン上の弧となって推論する、華麗な復古。



前ページ: 探検Venturaシリーズは漢ミルトンマークのデザイン

次ページ: 9月は紹介して、最も美しい腕時計Haute CoutureをPampilles