ホーム >>解説、エルメスの時計と革の縁
解説、エルメスの時計と革の縁

Miami腕時計、約1935年に登場


革はずっとエルメスの最も主要な材質、サドル衣裳、馬具から生活ホーム品、至る所に姿を消す。腕時計の詳細から着目し、シャ175年時代相伝の覆皮や縫製技術革の跡。優れた革処理技術、令皮料外観光沢きれい;タブ業界にとって、革工芸と彫刻と同じ尊崇されエナメル工芸。美学鑑賞のほかに、革の実用的な価値も見落としを許さない。例えば図中の1935年に登場したMiami腕時計の表のせいと链带全て覆皮は、保護の役割を果たし、ももっと快適装着させる。


アイレット懐中スーパーコピー時計、約1930年に登場
はスイスビル(Biel)は基地のエルメス時計工場、2006年からプラスの皮バンド制作工房、初の自家製皮バンドの時計メーカー。エルメス制作鞍の伝統工芸は、腕時計のバンドを制造精巧ほか、も同時にブランドに多くの創作のインスピレーション、例えば全革置き時計は最優秀モデル。



前ページ: ロレックス、海水にしみこむ10時間以上

次ページ: 女性のデートシリーズの腕時計