ホーム >>ブレゲ時計世界初登場200週年発
ブレゲ時計世界初登場200週年発

二百年前、阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)をナポリ皇後卡洛琳・缪拉(Caroline Murat)にカスタマイズした世界初の腕時計。この件を記念するために長い歴史の時計に意味し、その秀才揃いの創作者に敬意を表する。

 

独自の週年記念式典が、独出机杼の記念イベント
首発を記念時計登場200週年ともっぱら女性を「ナポリ皇後」シリーズ10週年、ブレゲ、2012年10月5日と6日開催の祝賀活動ナポリ灣。見学からチャールズ・徳·ブルボネー(Charles de Bourbon)の始まりは1738年卡波迪蒙ッター王宮(la Reggia Di Capodimonte)から、世界各地からの賓客にブレゲ1回行って時空を越えて。この宮殿は1808年になって卡洛琳・缪拉の住まいとして、ナポリの後、彼女は在位1815年まで。今、卡波迪蒙ッター王宮は改築を国家博物館、しかし中に殘った皇後が生前に使っていた何間スイート。ブレゲは王宮の中心は、皇後のスイートの宴会庁バンケット賓客に絢爛の装飾の有名。その後、VIP貴賓が訪れてカプリ島(Capri)、そこに続き今回の百年に一度の週年記念式典。

 

また、見学を通じてブレゲカプリ島高地で開いた「ナポリ皇後」シリーズの巡回展には、お客様の場に体験する初の腕時計誕生時の社会の雰囲気と時代の背景。この展覧会は、2012年1月にジュネーヴ時間の城(Cit E du Temps)初し、前後してアジア、アメリカとヨーロッパのいくつかの最大の都市で行われたツアーの展示、今回展示を遡って初の腕時計の創製歴史及びその知られざる物語。「ナポリ皇後現代収蔵シリーズ」で最も美しい何項もその作品を展示、巧みで完璧な技術を強調阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ時計の非凡なアイデアとエレガントな気質。

 

ブレゲ時計工房を自慢のは、彼らが示して腕時計を創作過程の中のいくつかの最も緻密な一環で、また、彼らは心をこめてふるい分けてきた先祖伝来のプロセスに代表的ないくつかの商売を紹介し、これに対して有益。展示を通じて、お客様を知ることができる、ブレゲブランド面取り、彫刻、ねじって索状紋とレリーフ芸術などさまざまな種類の時計装飾工芸。



前ページ: ロレックス(Rolex)が正確で、堅固で、耐久性、大物ので、ヘッジ

次ページ: 銀メッキ金文字盤世界初公開、独占精品