ホーム >>腕時計はそっと玩味復古風潮界から、シンプルな美、時代に敬意を表する
腕時計はそっと玩味復古風潮界から、シンプルな美、時代に敬意を表する

振るの行くの昔を懐かしむコンプレックス
表から生まれた瞬間から、高貴な身分を持つ。
17世紀のヨーロッパとき、懐中時計が高級の舞踏会に、男性と女性用の金のくさりやシルバーチェーンは表を首にして、私達が今日のネックレスをかけるように、それらの豪華な貴族表には、さまざまな輝く宝石をちりばめ、主人を示す非凡なせい価格。当時、懐中時計とみなされるファッション男性のマークは、表袋中将それから取り出し、手のひらで時間を読み取り、間違いなく極めて紳士風アクション。しかし、ときに、世界で初めて時計(実は改善の小さな懐中時計)は1900年パリ万博に出品される時、男達はそれに対して食べっぷりを横目には、手首にはめてそれは犬を連れて軛ように、とてもおかしいと観、思われたりする「手錠をかぶる」。

 

100年を経って、腕時計はすでに成熟へ。しかし、長いの腕時計の発展史の上で、ファッションと優雅、レトロと清新で、ずっと演じていて時間の背後の気持ち。
レトロなファッションが
1985年には、記念すべき年。
これに先立ち、腕時計は商品として存在する。この一年、アメリカニューヨークセレブの手首に二ちようどた第二次世界大戦前の古い時計、ファッションとみなす。そこで、一種のレトロブームが急速に広がって、アメリカから押し寄せたジュネーヴ、パリ、ロンドン……
これも時計メーカーたち見つけた商機、彼らの初期の腕時計設計元素を抽出し、新たな創作、細部に再を添えて藍鋼針、ローマ数字描写など、レトロ感がわいてくるような、タイムマシンに乗るに戻るには、腕時計の設計当初のあの年代。



前ページ: 経典レトロアンティーク時計推薦

次ページ: バセロン・コンスタンチンマルタMalteシリーズ