ホーム >>Hermès(エルメス)バセルパビリオン普遍の哲学を伝える
Hermès(エルメス)バセルパビリオン普遍の哲学を伝える

バーゼル国際時計宝飾博覧会(Baselworld)のエルメス新パビリオン、イメージに解釈した建築士の伊東豊雄、エルメスのブランドを分かち合う理念:普遍の哲学。彼のデザインをたたえたブランドの価値の礎:丹念に手作り、手作り工芸の執着、木質などの天然素材が含まれた高貴な雰囲気のあがめ、時間に対するコントロール及び完璧な突破と革新の精神。エルメス運用しなやかな建築構造とオープンスペース、バーゼル国際時計ブース内で営みで穏やかな場所。

 

緑の木が靑々と茂った遊牧空間
全体の展示デザインを取り外し可能形式、毎年再び組み立てて使って、こうして、展示会の短い時間ながら、来場者は皆の心に刻み、持久の使用機能維持。伊東豊雄をデザインに長い34メートル、幅19メートルの2層の空間。その面積1040平方メートル、は去年の2倍。展示室の鉄骨造では624条板に覆われ、あるか、ある曲げ。それらが縦横に、パビリオンの外部形成網状構造。この層のメッシュ外壁内に包まれ別層集木質、金属ガラスと一体の内部構造。この2階の「肌」の間には、設計した路線は167株草花の植物緑の回廊構成。館の外に来場者にとって、板壁あたかも1基のがっちりとの外
壁。例えば足細観の、またその狭間に発見のパビリオンの内の壁。

 

パビリオンの外観に起伏の動き、世間に伝える有機デザイン理念、まるで風が吹いて、広がる無限さざ波。板になってから構築のパビリオンの外壁のような条ひらひら懸から振り子にロング、にある活気溢れる広い裾が大幅に揺れる姿も波。



前ページ: 中国市場の腕時計メーカーたちの新弱点

次ページ: アプリ応用:腕時計ブランドの争の地